achikoの日記

大自然セラピー。漢方&薬膳好きのぐーたら養生

親離れ準備中

ベランダの植物たちが育ち盛り。この暑さと湿気で亜熱帯原産のコはテンション高そうです。

 

茎が伸び過ぎてしまったクワズイモ。細長い茎の途中、たくさん葉が出てきたので取り木して株分けしようかと。

f:id:w679864atsu-moro:20190818183349j:image

 

葉が集まって出ている茎のところに、湿らした水苔をコブ大に巻き付けます。さらにビニールで覆って湿気を保たせること2週間ほど。

 

通常は1〜2ヵ月で根が伸び、親株から切り離す段階となるらしいのですが、

 

ここのところ、台風の影響もあってか高温多湿の環境が功を奏し、グングンと根が伸びてきました。原産地の故郷を思い出したのかも(^^)

f:id:w679864atsu-moro:20190818180010j:image

f:id:w679864atsu-moro:20190819162836j:image

もう一つ、取り木を決意したきっかけは風でした。

 

どんな時も、「風」はきっかけを与えてくれますよね。自然界の風も、心に吹く風も。陰陽あります。

 

シャワーを浴びさせて日向ぼっこさせようと花台に置いていたら、強風でクワズイモの植木が落下…Σ(-᷅_-᷄๑)

 

割れたプランターと飛び散った土をかき集めながら植え替えのタイミングだと確信。やせ細った親株の限界と、茂りたい葉は自立を知らせていたのかもねー。