読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

achikoの日記

大自然セラピー。漢方や薬膳好きのぐーたら養生

マニアックシリーズ!目薬

お散歩日和ですね(^^)


先週末は強風が凄くて


歩道橋の下り階段で後ろから煽られて転げ落ちそうになりました(⌒-⌒; ) 杖があって良かったᕦ(ò_óˇ)ᕤ


花粉やホコリの影響で昨日から目がショボショボ。


風熱カゼの邪氣が乳腺に残りつつあるし


最近清熱と明目の菊花茶を欠かせません。

 


そしてそんな日に

出会いのマニアックシリーズ!

ショボショボ目に強い味方!

f:id:w679864atsu-moro:20170219160458j:image

漢方生薬である
黄柏のベルベリンと
甘草のグリチルリチン酸が配合され

 

クロルフェニラミンが抗アレルギー剤で痒みを抑えてくれるとのこと。


生薬由来成分の清熱効果が充血や痒みをやわらげてくれそうです。

 

液体の色は黄柏の黄色。
黄柏はキハダとも言い、父親が見せてくれたのを思い出します。


今さら知ったのですが、長野県の実家の周りには生薬だらけでした(⌒-⌒; )


離れて知る事ってたくさんありますね。


f:id:w679864atsu-moro:20170219160445j:image


ちなみに、花弁って重いか軽いかと聞かれると軽いですよね。


全草🌼の上に花があります。


コレを私たちの身体に置き換えると…


身体の上部(頭や顔あたり)にききめがあるそうです。


菊花は、特にカラダにこもった熱を冷ましてくれます。


イライラからの頭痛や興奮が冷めない時。


目の充血や痒み、皮膚の赤み、粘りのある鼻水、黄色痰など。


熱ぽさがある花粉症にも使えますね。

 

体調に合わせて使い分けるのが大切です。