achikoの日記

大自然セラピー。漢方&薬膳好きのぐーたら養生

キュウリと意志

東京は17日連続の雨降りだとか。その前にも降っていたので…梅雨明け宣言した後からお天氣が優れません(*_*)

 

 

お天氣が悪いと氣分も優れないし…。

 

 

夏休みなのに氣温も上がらず(´・_・`)プールもゲキ暇だとか。豊島園は穴場のようですよ。1000円割引しているとか。

 

 

曇天続きはお外で遊べないし…パッとせず、ストレスたまってイライラ、鬱々しちゃいます。

 

漢方でみると、五臓の脾のはたらきは消化器系をさします。表裏関係があるのは胃。湿氣を嫌うと考えるので消化器系のはたらきが低下。胃腸の調子が優れない方も多いかと。

 

また、感情も五臓にはたらきかけるとみるので、イライラが過ぎたり、思い悩んで鬱々しがちは脾胃にダメージも与えちゃいます。

 

 

きっと皆んなが同じ思いだから余計にその思いも倍増!集団意識キャッチもあるのかも。

 

 

人は自然界の一部でいろんな影響を受けているとつくづく感じます。

 

 

日照時間が少ないので、野菜も収穫時期が遅れて高騰だとか(*_*)。例年よりも収穫できないとはいえ、出来ないなりにオカンが送ってくれた野菜がほんと有り難いです。

 f:id:w679864atsu-moro:20170818110811j:image

 

山盛りの胡瓜をアレンジする連日。

浅漬けはもちろんのこと、中華風、洋風、和風のピクルス。

 

炒め物やサラダやスープにしたり。とうとうオヤツにもなりました(^_^;) 恒例ですけどね(笑)

 

 

水キムチ

f:id:w679864atsu-moro:20170818022252j:image

 水キムチのスープで冷麺に。

f:id:w679864atsu-moro:20170818022333j:image

 

もちろんオイキムチ

f:id:w679864atsu-moro:20170818022508j:image

 

悶絶する辛さの、鬼からし漬け。

f:id:w679864atsu-moro:20170818022525j:image

 

胡瓜餃子。酢とコショウでいただきます!

 f:id:w679864atsu-moro:20170818110843j:image

 

胡瓜と牛肉のチゲ。牛筋などの部位も入っています。2日目は麺投入(^_^)v

f:id:w679864atsu-moro:20170818110944j:image

 

恒例のオヤツ!オーブン投入前。緑の物体がわかりますよね?!

f:id:w679864atsu-moro:20170818023057j:image

 

胡桃、胡麻などナッツを入れ、桂花酒を仕上げにぬって冷やして完成!

f:id:w679864atsu-moro:20170818022619j:image

 

さて、次は何にしましょうか(笑) 湿氣が体にこもると、余分な水分が停滞します。水巡りがよくないと水毒といって様々病因となり、慢性化や反復したり厄介。

 

自覚症状は、ムクミや重だるさ重頭、鼻水、胃にぽちゃぽちゃ音がしたり、下痢や軟便、排尿異常、湿疹などの皮膚病など。やる氣も奪われます。

 

 

余分な水を出す利水効果のある瓜類。胡瓜は体を冷やすので、天候や体調によって加熱したり薬味や香辛料など工夫が必要ですね〜。

 

 

昔から、辛子や生姜、ミョウガ、紫蘇、などの合わせは体を冷やし過ぎないようにしていることがよく分かります。

 

 

 瓜を食べるとき

 

瓜類は涼風がふく日や、特に秋の冷える日には食べてはいけない。夏の暑い盛りに食べるのがよい。

 

by 貝原益軒

養生訓 巻第四 飲食 下  より

 

 

 収穫が少ない理由がありますね。だって涼しいもん。

 

 

f:id:w679864atsu-moro:20170818122618j:image

 

アマテラスの天の岩戸開きはいつになるやら…。歌って踊ってウズメ召還しないとですね(笑)

 

ウズメのはたらきは、方向性をしめす意志なのかも。

 

すべては意志ありき!

 

 

黄色は五行でみると土氣。チャクラでみると第3のみぞおちで、意志決定に対する不安を乗り越え向かっていくのに必要な勢いとエネルギーを与えてくれます。

 

 

黄色をイメージしたり黄色い服や腹巻して(笑)自分をみなぎらせ湿邪をのりきりましょう\\٩( 'ω' )و ////

  

 f:id:w679864atsu-moro:20170818210957j:image

 

 

 

 

 

岩牡蠣で養生

キムチと物々交換で牡蠣がきた〜〜♪

 

ありがたや(((o(*゚▽゚*)o)))♡

 

石川県沖の~わたつみのめぐみで~す。

 

岩牡蠣なんて久しぶり!わたし生牡蠣、大好物なんです。

 

ダースで食べたことあるし、オイスターバーも大好き❤︎❤︎❤︎世界各地の牡蠣が食べられて〜至福の時。

 

小ぶりなのに濃厚だったり…サッパリとしていたり…味比べはその産地を巡る旅のようなもの。

  

お口に入れて…目を閉じて…全身全霊で味わいます。味の向こう側にトリップ♪

 

 

礼を尽くし、感謝して…いのちをいただき、いのちをつなぐ╰(*´︶`*)╯♡

 

 

滋陰の時間に、ぷりっぷりの身の海の濃厚ミルクは心身ともに沁み渡りました。

  

生牡蠣は海の玄米と言われるほど栄養価が高いそうです。

 f:id:w679864atsu-moro:20170813034518j:image

  

薬膳的にもスタミナ源が湧き出す生命の泉であり、老化や更年期障害の予防には欠かせない、肝腎(心)要の を滋養する~嬉しい食材(*´꒳`*) お肌にもいいし^^。

 

 

牡蠣(カキ)(牡蛎

四気五味 :身肉→ 甘味、平(温)、 殻→鹹味、微寒

帰経 : 肝、腎、心

 

1. 陰液を滋養し、血を補う。 顔色が蒼白、唇・爪の色が白、めまい・心悸・不眠、肢体のしびれ、微熱・ほてり・生理不順などに

 

2. 心血を補い精神を安定させる。 心悸・不眠・夢をよくみる・めまい・健忘、顔色が蒼白、唇の色が淡白、舌の色が淡い、脈が細くて弱いなどに

 

3. 解毒応用 : 慢性疲労、胸に熱感があり不安を感じる・精神的に不安定でいらだちを伴う体の熱感があり不眠、精神不安、甲状腺腫、リンパ結核、貧血、神経衰弱

https://www.honzou.jp/wordpress/

 

 

漢方薬では、焼いた牡蠣(ボレイ)という生薬。

 

安中散という胃薬に嘔吐や胃酸過多を解消するために配合されたり、精神を安定鎮静させる安神薬でもあります。肝心要のにも効果あり(*´꒳`*)

 

 

貝って重いし、海底のほうに生息していますよね。その性質から上がってしまったものを下げたり、冷ます効果があるので、高血圧やイライラや興奮状態を鎮静させてくれます。浅利などの貝汁はごと煮ることがポイント!

 

高血圧の方や胃もたれや消化不良の時は、身肉より殻のほうが薬効はあるようです。牡蛎の殻って普段使いにはしにくいですがね(;''∀'') また、痔病の方は痔が誘発されやすいとか。どんなタイプでも食べ過ぎ注意です。

 

 

 

ストレスに負けない心と体をつくる食材。 母なる海に抱かれて~養生! 

ありがとう~。

 

 

 

 

久々の検診と鉄子

先週2カ月ぶりに検診へ。

調子がいいと錯覚して定期検診を1カ月受けなかった。。。

 

珍しいことに足がすごく浮腫み、痛いし、神経痛に強張り。。。そんな自覚症状が多々あって、よく、よ~く、自己問診して考えてみたら…確実に薬切れ"(-""-)"。

 

私の調子はオジイのカクテル効果大で、配合されているたくさんの植物生薬ちゃんたちのお陰だったと判明

 

うなだれた。。。 

 

無くなってみて氣づくもの。。。Σ(-᷅_-᷄๑)

 

 

まぁ、改めてカクテル効果が分かってよかったけど

 

おじいに話したら案の定叱られた(笑)

 

・「浮腫みは水分の取りすぎと、歩いてないからだ!そして咀嚼不足!」

確かにgymもやめたし運動量が減った。水分摂取しすぎたとは自覚がなかったけど、およそは水分である桃や果物をよく食べていたのもある。

 

・「体調は螺旋のように整っていくもの」

治癒力がついてきたという自覚ってしづらかったりもするけど。体力は確実についてきた。舌苔がよく剥げ(地図舌)ていたけど、それも最近出ていない。

 

根本を整えている最中。私の煎じ薬は日々の食事のようなもので持続することが大切なんだろうね。

 

筋肉は一日で成らず、体調も一日では成らず。。。

調子がイイからといってむやみに止めてしまうと、せっかく積み重ねた効果も台無しになりかねない。「君たちは私の作品なのだから勝手なことをされると困るなぁ(笑)」そんな、オジイのぼやきが楽しい。

 

・「薬は徐々にへっているから大丈夫だぞ」と。勇氣つけられた。

オジイと私の二人三脚感が心強いし有難い。毎回、祖父母に叱られるように、耳が痛いお言葉は愛を感じる。

 

漢方や中医の教えは先人からの喝でもあるし奥深く、よりよく生きることを養う教え。出会ったことで人生観がかなり変わった。

 

ゆとりを持てる自分になれた。

自分を好きになれた。

自分を労わり愛せるようになれた。

無意識を意識できる部分が増えた。

自分を知ろうと興味をもてた。

 

 f:id:w679864atsu-moro:20170805215514j:image

 

 

診察を終え、カクテルの準備ができるまで、しばしお散歩。

 

f:id:w679864atsu-moro:20170805215335j:image

f:id:w679864atsu-moro:20170805215339j:image

 

 

 帰路は夏休みの小学生に交じって、先頭車両をぶんどり。

 

鉄子に変身((笑)

 

f:id:w679864atsu-moro:20170805215308j:image

 

f:id:w679864atsu-moro:20170805215311j:image

 

モノレールはお空に近いから好きです。

 

 

 

ブラボー自販機!夏バテ対策に

こんな自販機あるんですね〜♪

 

はじめてみた!!

 

冷え性や胃腸の弱い方に朗報です。私のことだけどね。

 

f:id:w679864atsu-moro:20170807014436j:image

f:id:w679864atsu-moro:20170807014441j:image

 常温販売実施中〜

 

素敵(*´꒳`*) やればできるやん。

 

お薬飲みたい時、常温の水も欲しくなるのよね〜。残念ながらそれはなかったみたい(´-`)

 

冷房の効いた電車や室内と外氣との寒暖差って意外とストレスになっています。

 

そのせいで自律神経が乱れ、交感神経と副交感神経の切り替えスイッチが故障。

 

激しくON、OFFの切り替えがあるため、疲れちゃうみたい。

 

ストレス夏バテ!そんなタイプもあるそうです。女性に多いとか。

 

 

そんな夏バテに加え、普段の仕事やら人間関係やらと諸々のストレスが重なり…さらに胃がいた〜い!

 

食欲不振、不眠からの疲れが溜まると、やる氣出ず、元氣ないし、暑さにヤラレ…負の連鎖(´༎ຶོρ༎ຶོ`)

 

元々日本人は胃腸が弱く、胃薬の種類も豊富だとか。

 

島国で四方の海から湿氣が入り込むので、湿氣を嫌う胃腸に負担がかかります。性格的な国民性ってのもありそうだけど…。

 

暑いからキンキンに冷えたドリンク飲みたいのは分かるけど…せめて常温くらいにしましょうよ。

 

暑さに負けない為にも、胃腸労りませう。

 

男性も意外と冷えてるよ。腰や下っ腹、スネとか冷えていませんか??

 

 

 そうそう!

「鳴かぬなら鳴くまで待とうホトトギス」でお馴染みの徳川家康先輩は、

 

天下取るまで、ず〜〜っと根氣よく待っていたお方。

 

ってことは…

 

長生きせなアカンかった人。

 

62歳で江戸幕府がスタートし、他の歳下強豪武将に打ち勝つには…長生きすることだったとか。

 

そりゃうもう、執念だよ。

 

 

その執念の長生き健康術のひとつの食生活が

  • 常に加熱したものを食べる。食中毒防止
  • 夏も温かいものを食べる。
  • 知らないもの、季節外れのものは食べない。

 と、記録があるそうです。

 

 

◆またその中のエピソードが…

ある時、絶対権力者の上司、織田信長から桃が届いたとか。しかしこの桃、季節外れだからと食べなかった家康先輩。

 

あの氣性の荒い上司の好意を無にするとは、なかなかのツワモノですよね。それほど徹底していたらしいです。(他にも健康術があります。またの機会に♪)

 

 

 また

◆江戸時代からのベストセラー!健康指南書「養生訓」

 

著者の貝原益軒先輩も温かいものを食べる重要性など、細かく飲食の注意点などを記しています。

 

その中のひとつ。

巻第三 飲食の上

病は口から!ひとは毎日飲食しない時はない。たえず慎んで欲を自制しなければ、度をすごして病氣になる。

 

古人はいう「禍は口よりいで、病は口より入る」と。

 

口から出し入れするものは、つねに注意しなければならない。

 

グサッ…Σ(-᷅_-᷄๑)

 

あ、聞こえました?(苦笑)かなり耳のいた〜いお言葉じゃありませんか?!

 

 

時代が変わり生活環境や衛生面などが違えど、諸先輩方の教えを参考にしない手はないよね。

 

 

時々、自分に喝をいれております。 節制だわー(¬_¬)

 f:id:w679864atsu-moro:20170811022306j:image

 

 

 

 

2ヶ月で解禁

ベランダでお片づけしていたら…立てて置いてあった2×4の木材が壁伝いに倒れてきて、右側頭部をゴッチん(T ^ T)


大した衝撃じゃないけど、コメカミの上の方がズキズキ頭痛です(苦笑)


アイスノンで冷湿布。暑いからクールダウンされてちょうどイイかもΣ(-᷅_-᷄๑)


ということで?!(笑)

 

こちらを解禁!

f:id:w679864atsu-moro:20170805210548j:image


お灸じゃないですよ!

 

麦味噌です(^ν^)


さすが6月仕込み!熟成が早いですね。容器を開けると白カビが多くてちょっとビックリ(´⊙ω⊙`)


目立つところだけ取り除き、容器を変えて冷蔵庫に移しました。


早速、もろきゅう!で味見してっと、夕食には味噌汁に変身。


故郷の信州味噌は米糀使用。麦味噌をいただいたことがなかったのですが、九州で食し、そのサラッと感にハマりました。


麦は涼性なので、温暖な地域には適していますね。猛暑の東京でも美味しく感じます(^ν^)


玄米味噌は麦味噌より時間がかかるそうなので、もう少しそっと寝かせておきます。

 楽しみ〜(*´꒳`*)

 

 

仕込んだようす↓

味噌セラピー - achikoの日記

京都仁王門さんと鉄子?!

大好きな京都のお菓子屋さん(*^^*) 

 

最近blogをスタートされたとか!!

↓↓↓↓

ameblo.jp

 

 

東京からは、なかなか行けないので(涙)お店の情報や周辺の京都ネタが楽しみです(((o(*゚▽゚*)o)))♡

 

 

『菓匠百選』というブースで東京都内や横浜など駅中に出店されているらしく、なにげに追っ掛けしているわたくし(笑)

 

なかなかタイミングが合わなくて切ないんだけどね(´-`)

 


ぬれ八ッ橋こと「あうん餅」も大好きだけど、

 

「八ツ橋チョコサンド」も大好き!!!

 

サクサク感とニッキ+抹茶、ホワイトチョコ、チョコレート味の3種類が楽しめて絶妙なコラボ。お友だちにも大好評でした(#^.^#)

 f:id:w679864atsu-moro:20170804005901j:image

 (京都仁王門さんから写真お借りました)


この時期、なにやら

あうん餅を冷やして食べる!!

という裏ネタ入手!!…これはやらねば(((o(*゚▽゚*)o)))♡

 

 

 

因みに、いつぞやの品川駅の構内↓ 

どこかで見かけたら是非お試しくださいね~♬

 f:id:w679864atsu-moro:20170803195651j:image


出店場を追っ掛けていたら…そのうち鉄子になりそうだ(笑)

 

 

 

 

◆ジャズの流れる京都の新店舗!!4月にお邪魔した時の日記です↓

 

yonayo-7achiko.hatenablog.com

 

 

 

◆こちらもいつか行ってうずくまってみたい!

和カフェです↓

紫香楽茶寮うずくまる

食べログ紫香楽茶寮うずくまる

 

 

 

 

土用は「う」のつく・・・瓜で悶絶

土用丑の日。うなぎ食べましたか?

 

数日前に先取りして肝もいただいたので、今日は「う」がつくものを(^^)

 

蒸暑い日は、暑さ+湿氣。暑さも湿氣も適度に必要なものですが、過ぎると毒。

 

その毒の影響は体質や年齢によって受ける度合いや症状も違い、対策も個々に合わせる必要がありますね。

 

 

天候などから身体に悪影響をもたらしたり病因を邪氣といい、蒸暑い日は暑邪+湿邪のコンビ。夏バテはこのコンビが影響して起こることが多いです。

 

日本は島国。四方から湿氣が入ってくるので日本人は湿氣をためやすく、水はけの悪い体質で胃腸に負担がかかるとのこと。

 

それに国民性もありますかね。人間関係や言いたい事を我慢したり、思い悩むことで自ら胃腸を攻撃。全身を巡るはずの氣が停滞…。

 

 

また、外氣と冷房による寒暖の差もストレス大!自律神経が乱れて精神状態にも支障が。。。氣巡り力の低下は水分代謝を妨げます。夏バテになる負の連鎖…Σ(-᷅_-᷄๑)

 

 

そこに暑邪がプラスされて"湿熱"となると浮腫みやオデキ、水虫、湿疹、水泡などの分泌液も炎症となり、痒みを増したり。ジュクジュクして治りにくかったりと厄介な状態です(T ^ T)

 

 

そしてこのコンビをやっつけるのが夏野菜の「う」がつくもの!!

 

そう

 

うり!!瓜類です。

 f:id:w679864atsu-moro:20170726014132j:image

 

胡瓜は、寒性で氣を降ろす作用

暑邪で身体にこもった余分な熱を冷まし、のどの渇きを潤してくれます。また利尿効果があり、浮腫み解消にもOK。

 

寒性なので、もともと身体が冷えていたり、高齢者や胃腸が弱い方、またお腹や胃腸が冷えて発育の妨げになる子供さんや妊婦さんは食べ過ぎ注意です。

 

私もその一人ではありますが、辛味を加えたり少し加熱したり緩和させています。辛味ものは氣巡らす効果もあるし、使い方次第で除湿も助けます。

(湿熱の方は控え目に)

 

 

緩和と言うとやんわりイメージがありますが。これは…鬼や…。

 

悶絶…胡瓜! 

 

まるでビーバップHSの鼻割り箸の刑をされかのような・・・

 

 

胡瓜 DE 悶絶!!

 

関西地方ではメジャーなのでしょうか??四国限定??

 

お土産にいただいた漬物の素。

ビニール袋の中に洗ったキュウリと魔法の粉をまぶしてすり込み…すり込み…。一袋にキュウリ5本(400g)が指定量。12時間常温放置して、さらに冷蔵庫で24時間置いて完成した。

 

 

軽~い氣持ちでつまみ食いしてみたの。そしたら織田裕二さん登場!!

 

 

きーーーたーー!!!(;゚Д゚)(;゚Д゚)

 

 

はっ、はっ 鼻 つーーーん。。。(涙)

  

 

粉量が半端なかったので、一本胡瓜を増やしてこの辛さってことは・・・恐ろしいぞ。

 

 

 鬼もびっくりするほどよく効く!というとこからついた金鬼印!!

  f:id:w679864atsu-moro:20170726021810j:image

原材料名:ぶどう糖、食塩、からし、着色料(うこん) 国内で製造した鬼からし漬の素。


●鬼からしマーク

鬼からしのマークは、正式には「金鬼」印の商標です。鬼もびっくりするほど辛く、よく効くということから、このマークが生まれました。山椒は小粒でもピリッっと辛いと言われます。厳選された良質な原料のみを使用し、純粋な香辛味を忠実に貫こうとする意味が込められています。

 

イライラを鎮めるウコン使いは、鬼さんの愛を感じるわ〜❤︎

 

 香川県の山清(やませい)さん!参りました。。。

 

 

その辛さ!ハマりました!!

 

 

 餡とからしを作り続けて90年の株式会社 山清さん。

餡子も当然氣になる~!!