achikoの日記

大自然セラピー。漢方&薬膳好きのぐーたら養生

キムジャン瞑想〜mちゃんリクエスト

お久しぶりです(^◇^;)

 

春節前後はバタバタでやっと落ち着きました。

 

旧正月を迎える前に納品する暦つくりや、春節後の来客続き。

 

数ヶ月経過した?と錯覚するほどw

 

自分を取り戻すには…

好きな事に没頭する!ですよね。

 

やっと着手出来たキムジャンで瞑想中。

 


f:id:w679864atsu-moro:20190218143737j:image

f:id:w679864atsu-moro:20190218143810j:image

f:id:w679864atsu-moro:20190218143848j:image

 

友人のオカン(mitsuko ちゃん)が、私のキムチが食べたい…と嬉しい依頼があったので漬けました。辛さ控えめ。

 

海老アミ、烏賊、昆布、りんご、ナッツ…山海の恵みが相まって熟成されるキムチ。

 

植物性の乳酸菌が生きたまま体内に届くので、糠漬け同様、腸の長いアジア人向けだとか。

 

きちんと発酵させられるのが、自家製の利点ですね。

 

いつか、甕漬けして土に埋めて熟成させるのが夢です。

 


f:id:w679864atsu-moro:20190218145256j:image

f:id:w679864atsu-moro:20190218143949j:image

 

パケージ完了。送るでぇ〜。

 

因みに、冬場の寒冷地への配送は、一般配送だと野菜や果物など荷物が凍結するので、冷蔵配送がベストです!

 

懸賞で届いた野菜(本土から配送)が一般配送だったので凍結していて全滅だったと、北海道の友人が嘆いておりました😭

 

せっかく当選したのに…(涙)

 

冷蔵庫の中の方が暖かい寒冷地あるある!

長野県の実家でもビールは凍らないように冷蔵庫保存してたし。

 

知らないと普通に配送しちゃうよねー。

 

気をつけよう!

 

 

 



 

 

 

 

 

 

無意識の行動

毎朝、粥生活。

 

土鍋でコトコト炊きながら、自分と相談しながら直感に従って具材を決めている。

 

体調や天候に合わせるのはもちろん。

 

今朝は無意識にナッツ🥜と、ふとブッタに捧げたスジャータのミルク粥を思い出した。

 

小学生の頃だったか、デザートレシピ本に、ライスプリンとミルク粥なるものが書いてあった。

 

ミルクと米と砂糖を入れて炊いた粥と、それを固めたプリンで、

 

米をミルク炊くだなんて、絶対ありえへんし、しかも甘くするなんて全く意味のわからんもの!と思っていた。

 

しかし、現在は、なんだか、有り!だと思う。。。大人になるってことなのか?

 

今日の粥にも、ミルクか豆乳を入れ、甘いものもいいかなぁと思っていた(^◇^;) 

 

 

具材は
胡桃、松の実、ピーナッツ、黒胡麻、はと麦、大豆、棗、米…。

 

小豆はぜんざいにして食べるとして…。デザート計画も万全(笑)

 

f:id:w679864atsu-moro:20190113172135j:image

こう見えて八種類入ってます😆黒糖で味付けし、家人と一緒に食べた。

 

 

ふと気づいたら、今日はなんと旧暦12/8。

臘月八日じゃないか!!

 

この日は、臘八粥を食べ五穀豊穣を願い、神々や先祖に感謝する習わし。

 

無意識の行動とはいえ、臘八粥を作って食べていた自分にブラボーといいたい(笑)

 

明日の小正月は小豆粥ですね。

 

 

 

 

yonayo-7achiko.hatenablog.com

 

 



一服

花びら餅は作れなかったので、こちらでひと休み。

 

じゃがいも、百合根、棗入り。

f:id:w679864atsu-moro:20190108142318j:image

 

不眠症ではないのですが、寝付けない日があったので対策に、百合根となつめを使用。

 

おせち料理シーズンに出回る百合根。お安い時に買っておが屑に入れ冷蔵保存。

 

百合根は百合(びゃくごう)という生薬。

肺を潤し咳止めや、心を穏やかにするはたらきがあると言われます。

 

古代中国の医学書には
熱病の予後に精神不安になるものを百合病(びゃくごうびょう)と名づけ、治療方剤の主薬は百合としているとか。


百合根はホクホクして美味しいのですが、
お腹が冷えている方は控えめにとのこと。

 

 

器の青をカラーセラピーでみると、鎮静や受容、内省の意味だとか。詳しくは→色の意味│色癒

 


いずれにしても、落ち着け〜ってことですね(^◇^;)

 

 

 

 

 

 

 

 

はなげ

ポカポカお散歩日和。

 

光合成しながら新しいルートを開拓。

 

f:id:w679864atsu-moro:20190111222301j:image

 

つい、触れたい衝動にかられます(゚∀゚)

 

f:id:w679864atsu-moro:20190111222305j:image

 

ふわふわしてるものに弱いぞ(〃ω〃)

 

f:id:w679864atsu-moro:20190111222605j:image

新しいパン屋さんも発見!!

 

ふわふわしてるの買いました。

 

 

 

岩魚アレンジ

いただいた北海道産の岩魚。

 

前回の甘露煮にした岩魚よりも大きなサイズだったので、ソテーに挑戦!

 

右側が今回の岩魚です。


f:id:w679864atsu-moro:20190103184920j:image

f:id:w679864atsu-moro:20190103185005j:image

 

片栗粉をまぶし、オリーブ油でゆっくり焼きました。

f:id:w679864atsu-moro:20190103185110j:image

消化促進と瘀血対策に、紅花と枸杞子、サンザシの酢を使い、ラッキョウや生姜を加えた薬膳タルタルソース。

 

初めてタルタルソースを作ったけど、めっちゃ美味!自画自賛!(笑)

 

話しのネタに購入した市販のパクチードレッシング。

 

不評だったので、ずーっと冷蔵庫に眠っていたのですが、今回チリと合わせたソースもなかなか好評。

 

やっとパクチードレッシングが活用できて良かった〜。

 

けど、

 

次のソテー日はいつになるやら…??

また冷蔵庫の片隅に置いてしまったのでした(^◇^;)

 

 

yonayo-7achiko.hatenablog.com

 

 

 

 

元旦運動

明けまして
おめでとうございます。
今年もよろしくお願いいたします 。

 


元旦は氏神愛宕神社へ初詣に。車だと5分圏内。徒歩だと20分くらい。

 

家人のお尻を叩いて運動しがてら

お日様を浴びてきました。

 

f:id:w679864atsu-moro:20190102174622j:image


愛宕さんといえば天狗さま。
山にまつわる神社なので、当然名残りのある道中です。

 


傾斜が半端ない坂があり、転げた方が楽?と思わされる坂道を下る、かなりのリハビリコースです。

 


太腿が🦵ピクピクで、ストッパーが効かない!杖つきつき、下っ腹を意識。トレーナー君に言われた事を思い出しながら進みました。

 


帰りは…考えたくもない登りだけど😱まだ登りの方が楽かもね。

 

f:id:w679864atsu-moro:20190102174634j:image


振る舞われる甘酒が美味いのです。


焚火にあたりながらいただく甘酒と、御神籤を刻む時間も格別です。

 


珍しく大吉!!

 


我が家は旧暦合わせなのでお正月は来月。
春節までのインターバル。地に足つけていきます!

f:id:w679864atsu-moro:20190102174658j:image

 

元旦から運動!!なかなか良い傾向だ!!

 

 

 

 

 

ご長寿県の年越し蕎麦

昨日、年越しそばが届きました!

感謝! 

 

我が家の年越しそばは、

 

恒例のこちら

f:id:w679864atsu-moro:20181231131304j:image

 

 

琉球王国から沖縄人の健康を支えたものは、ミネラル豊富な硬水とタンパク質と水溶性食物繊維だそうです。

 

  1. 珊瑚礁上にある島の湧水はミネラル豊富なの硬水。
  2. 明貿易の影響で発展した豚肉料理。
  3. 琉球を足ががりに輸出された北海道産の昆布。
  4. 踊り

 

 

この硬水、豚肉、昆布の3つを使った郷土料理が養生食で、かつてご長寿県となったポイントだそうです。

 


豚の鳴き声と蹄以外は、ぜんぶ食べる!という一物全体の考えから美味しく食べる工夫の数々。

 

豚肉は硬水で料理すると臭みがとれるとか。

 


沖縄そばは、
この3つが詰まった郷土料理なんですねー。

 


夕飯はリクエストのあったお好み焼きで軽めに。

 


後ほど、ゆっくり沖縄そばをいただきます。

 


踊りはないけど、
今年も大笑いして締めくくります。

 

f:id:w679864atsu-moro:20181231203448j:image


今年もお読みいただき
ありがとうございました。


来年もよろしくお願いいたします。

 

よいお年をお迎えくださいね。